FC2ブログ
ADMIN
TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本格的冬に入る前に絹さやのフェンスをたてた。しもにやられないように。

IMG_1188.JPG (2)[1]

 

IMG_1187.JPG (2)[1]


スポンサーサイト

現在、美術展の準備中ですが、仲間の絵のラベル(絵のタイトルと名前)を印刷することを気軽に引き受けた。いろいろネットと調べた結果、うまく印刷できたので、以下、今後のためにも、メモしておく。

タイトルと名前は既にExcelで作成しておいた目録のデータを利用した。約60件のデータがすでに作成しておいた。name と title と2列のデーターである。順番は別にどうでもよい。配置は自由に変えられる。

印刷用紙は既に、名札用紙はダイソウで35枚入りの2個購入して受領ずみであった。55mmx91mmの名刺サイズでした。

さて、ソフトを探して、ついに、「KOKUYO合わせ名人3」というFreeソフトをみつけて早速インストール。

試行錯誤して、みつけて手順は次の通り。

printer1soft1

1.用紙は KJ-VE120LY コクヨの型番を選択。90度回転せず、長手方向に配置。
2.データーをExcelファイルから取り込み。
3.name と タイトルを一番最初のデーターで兎に角、指定する。
4.タイトルを上に、名前を下側に、でも配置が縦方向ゆえに、文字は90度回転してやる。
5.フォントはメイリョウを選択
6.タイトルはフォントサイズ27、名前は小さく14ほどに。
7.あとは、印刷の用紙で、縦に印刷を確認する。
8.プレビューと1枚ためし印刷し

なんとか60枚の作品タイトルと製作名のラベルが出来上がった。



野菜

麗夏トマト、中玉トマト、なすび、伏見甘唐辛子、宿なかぼちゃ。



ZAGGが作成したYoutubeの動画に魅せられて、このBluetoothのキーボードを購入しました。



今日は朝から、24時間テレビ、力をみており、今年のマラソン中継の放映時間がちと少ないような気がしてならない。徳光さんがランナーだからかも。



このScribeFireはFirefox上で動作するブログ投稿ソフトです。
いま、テスト投稿中。


今日は、春一番が吹いた。 昼間は本当に暑いと感じるほど、もう春はそこまで来ている。でも明日からまた冬に逆戻りの様子。

3月はまだまだ霜が降ったり、寒い日が続きそうである。そんな中、今、種まきなど準備中。

まず、今のところの予定: 3月1日までに、ジャガイモの栽培用に、畝を整えて、現在芽だし中(窓際にて、直射日光を避けて)故、そのころまでには準備が整いそう。

ジャガイモは男爵(3kg)、メークイン(3kg)の種イモを購入。黒マルチは種イモを植えて覆う予定。堆肥を十分深く好きこみ、表層部に種イモをまるごと植えつける予定。

次に、今、コタツの下で、22日火曜より、種の芽だし中; 白カボチャ(雪化粧)、宿なかぼちゃ、茄子(千両2号)、きゅうり、中玉とまと、麗夏トマト、黒スイカ(大玉)、メロン、それから伏見甘とうがらし。

早いかもしれないが、これら種の芽だしが2月末には終わりそうなので、3月初めにはトレイに蒔く予定。野菜栽培用に土と芽土をまぜてやるつもり。

3月中には、第2段で、トマト、キュウリ、ナスを中心に目出しをして種を撒く予定。



随分と暖かくなり、昨夜は40日以上も雨が売らなかったが、とうとう雨が降りました。

さて、携帯電話料金について、参考までに。今更ながら、笑い話では済まないような出来事があり得ること紹介しておきます。

たとえば、添付画像付で500人に、年賀状とを送ったとしましょう。文字は100~200文字程度で、おそらく、5円以内でしょう。でも問題は添付画像で、それが200Kbのサイズだとしますとこれが送信に150円はかかります。合計160円ほど。これが500通だとすると、合計で、9万円かかる。勿論相手、受信者も勿論、そろぞれDownloadするのに料金が発生する。すなわち、携帯電話会社はその金額が収入になっている。当たり前であるが、まさに、チリも積もれば山となるである。電話会社にしてみれば、笑が止まらない。

100kbの画像とはどんな画像だろう? これで65kbの画像ですので、まあそれなりのサイズでかね。。。それにしてもパケット料金を節約するには、画像を添付しない。ことである。

P1030931 - コピー (2).jpg



ことし2011年になって、このブログを更新したのが今日がはじめて。

野菜の生育状況は、まずまずで、これから、春の陽気になりそうなので、大きくなるそう。

いま畑では、まず、小屋の中では、グリーンサラダ類とホウレンソウを植えてありますが、その他、先週初めに種まき(春菊、京菜、ホウレンソウ、ラデッシュなど)をした。

外では、レタス類、大根、白菜、ブロッコリー、きゃべつ、菜の花、いちご、そらまめ、絹さやえんどう、ニンジンなどを植えている。

今年の白菜は豊作で、中心までしっかりとしており、甘味もありうまく栽培出来た。10月中旬に苗を植えたので、約3か月はかかっている。

今日は、ジョイフル本田でジャガイモの種イモを購入した。男爵とメークインを3kg入りを手に入れた。早いが、1か月ほど目出しするのに必要。光のあたる風遠しのよい場所で目出しをする予定。植え付けは3月1日を予定している。

黒マルチは後程かけて、当面はトンネルにする予定で、一か月ほど家のまで際に置いておく予定。

正月から今日までまだ一日も雨が降らない、快晴の日が続いている。富士山が綺麗にすそ野まで見える晴れた気持ちの良い日が多い。

今年の話題は、Facebook, Evernote, Android型のPadとなりそう。特に、Android 2.3のOSがすばらしそう。これから春にかけて続々と7”タイプを中心に世に出てきそう。

PCの調子はまずまず。crucial RealSSD C300 128MAG-1G1を使用している. 先日、firmwareが6に更新されているのに気が付いて、DownloadしてUSBからWin98のDOSでファームを上げてみたが、あまりり変わらず。

依然と再スタート時のHDD認識エラーは続いている。CrucialとこのPCの相性はよくないようである。

USBで起動する方法は、Crucialのサイトでみつけた。

 



最近、NECのV110ルーターからの無線LAN信号が時々、3分後とに切れ始めたので、この際、11n(300G)の無線ルターに変更してみた。試行錯誤の上、なんとか要望通りに設定できたんで報告しおく。構成の更新前後は以下の通り。 ThinkPadのAccess Connection やWindowsの標準LAN管理ソフトがあるので、InternetExplorerで 192.168.11.1で接続してルーターの管理画面が編集、設定できるので、バッファローのいろいろな簡易接続ソフト類は入れないようにした。

(画像をダブルクリックすれば拡大して見れます。)

      無線LAN1.jpg*)WHR-G301Nの有線ポートの4つの中でどれどもその1つとV110のWAN側に接続させる。

問題はAirstation WHR-G301Nが有線接続(モデム軽油)はインターネットに接続不可であった。もちろん、光モデムとPC直結では接続可能である。なぜか、PCとルーターとの接続は成立しているがインターネットが接続できない。理由はよくわからない。DNSあたりが自動取得でもだめなのかもしれない。バッファローLAN管理画面でPPPoE設定などおこない、ケーブル、PPPoE、名前設定など接続OKとでるが、以下のような肝心のインターネット接続成功の画像がでない。つまり接続成功しない。

 

半ば、あきらめていた。。。 このバッファローのルータは11n(300G)の接続が可能のようで、40Hz方式で倍速で接続できるのが魅力で購入したが、全くだめ。

で、先ほど、だめもとで、無線LAN接続をこころみてみた。すると、上の接続成功の画像があっけなく表れた。 SSIDやPassなど設定してやると、倍速で40Mhzに設定して、標準で130Gbpsの速度で
接続できるようになった。成功である。この間、管理画面からファームウエアを1.71から1.83(4月)へアップしておいた。(あまり関係なさおう)。

次に、IPフォンであるが、これは上のようにBuffalo WHR-G301NからV110のWANへケーブルで接続してやれば、VoIPの緑のランプが点灯するようになる。ただし、
PCとV110を直につないで、管理画面を開いて、単独だと192.168..1.1でOpenして、

   1) PPPoE  ----> アダプターに変更してやる。

   2) PPPoE 接続しないを選ぶ。 設定はこれだけ、送信して90秒ほどまてば、あとは再起動。

これで、電話がIP電話接続可能かどうか、V110のルーターランプで、VoIPランプが緑に点灯すればOK.電話をかけると点滅すればOK

あと、AccessConnectionでプロファイルを作成してやれば130Gbpsで接続。

 

 



昨日、なぜか、壁にかざぅているこの水彩の額が傾いていたので、気にかかり、外してみますと、額縁のフレームが楔で止めてあり、ガラスの重みでその楔がはずれかかっていた。
早速、復旧。元に戻す前に絵を写真にとりましたので、それをここに掲載しておきます。

四条河原町の交差で山鉾巡行で長刀鉾辻回しの様子を描いてみました。この場所が大迫力で見られるのでお奨めの場所でもあります。 
人の動きが出るように描くのが苦労した点です。それと暑い京都をイメージして書いてみました。自分が見た日は残念ながら小雨でしたので、鉾の一部をビニールで覆われていたのが残念で今でもそれを思えています。機会あればまた見てみたいものです。

P1020982.jpg

 

来週には永山裕子さんの水彩画展に行く予定。青山の2つのギャラリーで、しかもデモンストレーションもあるようで。。 インドのシタールの絵が出品されるようです。どんな絵なんだろう。今から楽しみである。

http://www.suisaido.com/nagayamayukosuisaigaten.html

会期:2010年 11月18日(木)~ 24日(水)
時間:11:00~19:00(最終日 15:00まで)

第1会場:ギャラリーコンセプト21
第2会場:ラパン・エ・アロ(B1F)



最近描いた、水彩の風景画をアップしておきます。

ここはモントリオールから高速で2時間ほど北西方向の山手側におとぎの国のようなところがあります。場所の名前は、トレンブランという、秋は紅葉で観光客で一杯です。今年は初夏に行ったので、閑散としておりました。冬はスキー客で賑わす場所でもあります。途中には見事なゴルフコースが道の両側にあります。奥には湖があり、その周辺には高級別荘が立ち並び、どの家の前には船が係留されている。

P1020119a.jpg



 

夏トマト栽培していたビニール小屋に、緑葉野菜を育てています。

P1030023.jpg

右手は小松菜の種が袋から落ちて育ったもの。左の3列が正規の小松菜栽培の様子。

P1030026.jpg

美味タス(トキタ種苗)。奥が種の袋。大きくなるとこんな感じになります。

P1030027.jpg

こんなレタスも植えています。

P1030028.jpg

ソロモン種のホウレンソウ(spinach)、(ホウレンソウを英語で注文したいとき、なかなか
スピナーチが思い出せない。。。)。これで種蒔して2週間ぐらい。

P1030030.jpg

こちらは、京都万願寺唐辛子(赤も、緑も甘い、ぜんぜん辛さはない。)。

P1030037.jpg

こちらは、5列の野菜。小松菜、京菜、サラダ菜、レタスなど栽培しています。

P1030044.jpg

今年は里芋の出来が悪い。セレベスと八頭など植えてみたが、夏の暑さでさっぱり。
孫が出てくるまで、年末までこのまま放置の予定。

P1030108.jpg

ソラマメのお歯黒を下にして、やや浅めに植えて、水を控えめにして種まきしたのが一週間まえ、
やっと芽を出が出てきた。今のところ、発芽80%以上で、これから残りが発芽してくれそう。
乾燥気味が成功の秘訣のようです。豆類はあまり水をやらないことです。

P1030091.jpg

こちのケースの種も同様に発芽しはじめている。

P1030092.jpg

こちらはつるなしインゲン(五月みどり)の発芽。種蒔きして約4日目。

P1030110.jpg



畑では今、緑葉野菜を中心に栽培していますが、特にサラダとみず菜、小松菜あたりが作りやすいのでこれらを中心に育てています。だんだんと気温が下がって来ているので、野菜が美味しく食べれそう。発芽率は80%と思われます。小松菜は90%以上は発芽していると思われる。レタス類はやはり、発芽率が低く、栽培が難しい。

今年はソラマメと絹さやえんどうを早めに種まきしましたが冬の厳しさに耐えれるか心配である。ソラマメはもうすでに一部発芽しており、全数発芽しそう。昨年はアブラムシの被害が大きく、収穫は期待以下でしたので、今回はその辺研究してみる予定。絹さやは早く大きくすると、寒の頃には防寒策を講じないと一部の苗は枯れてしまうのでこじんまりと育てるのが良い。

防寒用に今、90cm幅の透明マルチ2枚でトンネルにして、その上部中央で重ねあわせ、水遣りの際、重ね合わせ部より如雨露で水遣りが出来て、よくこのようにしてトンネル栽培をしています。マルチ一枚では幅が90cmの場合には、トンネルにすると、どうしても両サイドに隙間が出来て、折角のトンネルも夜になるとその隙間から熱が逃げて効果が少なく、また水遣りも困難で、このような2枚合わせでトンネルにしている。これはお奨めと思う。

夏野菜の整理で、あらかじめ、70cmほど掘り下げて、そこへ野菜のくずや残りの茎など積み上げるようにそこへ移動させていますが、最近かなり、枯れて来たので、一度焼いて灰にして見るつもり。ことしは、落ち葉で堆肥つくりを復活させてみる予定にしています。米ぬかと落ち葉、発酵促進剤のコーランパンチ、それと少量の苦土石灰を混ぜるとよい堆肥が出来ます。

小松菜は種まきして約1か月すると食べごろに成長する。はさみで大葉から先に間引きしながら、栽培してゆくとうまく他の苗も育ちやすい。

P1030001.jpg

水菜はサラダにするとシャキシャキ感があり、最高

P1030002.jpg

奥に見えているのが、美味タス(トキタ種苗)で、これは普通に育てると、4か月ほどしないと大きくならない。
写真のレタスはこれで約1か月ほど。透明マルチトンネルの保温で成長が早い。ここまでくると、夜盗虫の被害にはさほどあわない。
種蒔きして双葉が出てくる頃に夜盗虫に食いつくさられ2度ほど種まきした経験があります。
これは夜盗虫の大好物。ということはうまいはずである。トキタのサラダ種の中でこれが一番お奨め。 「美味タス」 半結球状の比較的柔らかいレタス。

P1030005.jpg

高原レタス(チシャの類)は栽培が難しい。もっと寒くなるとうまく育てれますが、今の時期は難しい。これは柔らかくておいしい。

P1030009.jpg

このトンネル内にも小松菜を植えてある

P1030010.jpg

白菜を15株ほど、一か月前にに定植して、2株ほど夜盗虫に食いあらわれ、一つは生長点をやられたので、復活しそうにない。残りはできるだけ水を控えめに、病気にならぬように育って欲しいものである。

P1030012.jpg

冬野菜の代表は何と言ってもこれでしょう。「大根」。青首大根の種をまいて、発芽率は100%近くて喜んでいたのもつかの間。2株ほど、ニックキ夜盗虫にやられた。ネット状のトンネルをかけていても、地中中深く、昼間は隠れており、夜になると活動する厄介な虫である。

P1030015.jpg

イチゴの孫苗をランナーをとり、千鳥に黒マルチをかけて、多少高畝にして10月初め頃に定植した。イチゴは冬、寒さにさらしてやるとおいしいイチゴが初夏頃には食べれる。
孫苗でないと、大きなイチゴは出来ない。

P1030017.jpg

これは四か月まえに種まきしたニンジン。

P1030018.jpg

 



Lenovo(旧IBM)のノートPCは中央に赤いトラックポイントががある。これは重宝する。これがあるから、Thinkpad以外のノートは使う気がしない、いやうまく自分は使えない。マウスは机がないと、ちと使うのは無理。この赤いトラックポイントはスクロールも中央下にキーがあり、楽にページを上下出来る。

ところで、最近、長年使っていたX31からX201sに乗り換えてみた。PCのCPUがインテル最新のi7-640Mだから、相当応答が早いものと勝手に想像していた。が、しかしである、
この予想に反して意外と遅い、遅いのである。最新のノートPCが10年前のPCと同等とは、、、、この要因はどこに?ソフトはどちらもWindows7 Premium 32bit.、メモリは同じ2Gで、のちほど、4Gにアップしてみたが、速度的にはそれほど変わらない。

Thinkpad x31は馬鹿にできない。それなりに手放さえない理由がある。これは老眼の我には、画面がXVGAでモニターともに文字が大きく違和感がない。それとキーボードのタッチ感がある。それとモニターの強度がそれなりにあり、頑丈である。ただ1.5kgは超える重さがある。重たい感じはする。長年のIBMの開発努力が伺える。Thinkpadx31はHDDの書き込み、読み取りが早ければ、Windows7も搭載出来るので、まだまだ現役でつかそうである。つい最近まで使っていた自分がそう思う。 残念ながら、HDDがIDE対応でSATAなので、最新の安価、高速のSSDが搭載出来ない。これが唯一の問題である。赤外線Linkもあり、無線内蔵LANもあり、 バッテリーも2時間ほどはもつので、それほどX201sに比べて見劣りがしない。モニターも少し、輝度が劣化しているが、X201sも若干暗い(輝度を14以上にしないとだめ)。

ようするに、体感を期待するのはHDDをSSDに変えると見違えるほどに高速感が味わえるのだ。恐らく、X31にもそれなりのSSDを搭載すれば、速度アップに関する体感満足度は増すはずである。SSDは本当に高速である。X201Sに最近HDDをCrucial C300 128G SSDに変えてみた。Windows Update等で書換えられた場合、SSDはHDD認識エラーがでて、一応、スターはできる。これを除いては今のところ、問題はない。このCrucial製はSSDは64Gは比較的安価なので、こちらから試行してみたらよい。

今後、ノートPCはSSD搭載機が標準となるでしょう。そうでないと、せっかくのWindows7やi7 CPUの能力が十二分に発揮できないと思える。SSDにHDDを入れ替えると元に戻す気にはなれない。SSD特有の現象の一つである多少のひっかかり(プチ)は我慢できる。プチりは意外と起きないが、ときたま、ソフトが応答しなくなる、しばらくすると復帰するが我慢出来ないことはない。

繰り返すが、旧式(X31)のノートPCをお持ちなら、IDE対応のSSDを探し、一度、HDDから載せ替えてみれば、相当改善できるのが、体感してわかるはず。高い、最新のPCに乗り換える前に、やってみること推奨。

さて、X201sのノートPCの感想であるが、以下の点に不満がある。

1。年寄りの吾輩には標準でXVGA解像度の対応のモニターにも切り替えれるように切望する。現状、文字を125%を選択し、Browserは常に150%に拡大して使用している。
   X201sの解像度は1440x900(WXGA+)と高い。これは画面に沢山の情報がだせる反面、字が小さすぎて、見えない。

2。モニターフレームが華奢で、今にも液晶が割れそうである。すこしでも軽量化を狙って、カーボンかMg入で、強度はあるのでしょうが、壊れそうでたわむので怖い。

3。液晶の初期の設定が青く、冷たい感覚がする。でも赤みをすこしいれると暗く感じる。人間の目は慣れであり、しばらく使っていると慣れてくる。

4。モニター輝度は少し暗い。14(Max。15)にしても暗い。

5。キーが硬い。X31はとてもタッチ感があり、キーボードはX31のタッチに慣れて、これを使うと多少違和感がある。

6。ToolBoxが思い。利用はソフトの更新とバックアップのみである。それに特化したものにすればよい。BackUP softを別に持っており、これは無くても良い。  

7。ネジ類を予備と付けて欲しい。本体裏のキーボード外しやHDD交換のために取り外すネジとか、良く取り外すネジの予備は付いていたほうがよろしいかと。

8。バッテリー(6セル)は短い。9セルに載せ替えてやっと4時間半ほどになったが、2時間そこそこでは戸外では持たない。これはマイナス要因大である。

9。総じて、X201sとX31を比較して、SSD載せ替えを除いて、X31の方がまだまだ現役の感がする。 IBMの開発姿勢がどれほど、前を進んでいたか伺える。
  

以上である。

 



先日、Thinpad X201sのキーボードの掃除をしていると、思わず、トラックポイントしたのスクロールキーが外れてしまい取り付けに苦労しました。

ネットで調べてみましたが、Thinkpadキーでパンタグラフ形式のキートップの復旧のやり方は数多く紹介されていましたが、このスクロールキーや左右のクリックキーはそれほど紹介されていません。そこで、このスクロールキーを傷めないで(壊さないで)復旧する方法をアップすることにしました。
このキーは左右にplasticの小さな爪が出ており、それをうまく差し入れないと取り付けたようで、すぐに外れます。

ここではセンターのキー恐らくすでに外れているか、片方がぐらぐら状態で、それを復旧するのに苦労されている方に、その復旧方法についてここで、詳細に説明して行きます。

以下、例として、ThinkpadX31で同様なキーを活用して説明します。
注意点は無理に外したり、押し込んだりしては、必ず、小さな左右の爪を破損して、後悔します。

まずその破損したキーの写真からアップしておきます。

右側の爪が折れています。もうこなったらだめです。差し込んでもぐらぐら。

まず、左右のクリックキーを取り外します。(キーボード全体は外さないで!!。ここではわかりやすく説明するために、取り外しておいたキーボードを使用)。 
P1020846.jpg

左右のキーを外すには、手前から楊枝で”てこの原理”で2カ所を持ち上げます。するとカチッと音がして簡単に外れます。

P1020861.jpg

取り外しますと、左右のラバーが見えます。これを無くさないように!!。一時保管。このように、キー(左右のクリック、センタースクロール)を裸にします。

P1020843.jpg

よく下の写真を見てください。先ほどの”爪”はこのように引っかかるようになっているのです!!。ですから、左右のクリックキーを外さないでここに左右の爪を
差し込むのは至難の業!!。外さずに上から、センターキーを強く押し込むと、爪が折れる場合があります。

P1020851.jpg

こんな感じで、キーが固定されている。要するに、爪をうまく差し込まないと固定されない。上の写真と下の絵(へたくそ?)を見ながら、ゆっくりと
楊枝など活用して、左右とも差し入れる。

 
つぎは、左右のクリックキーの固定です。キーを奥まで、差し入れるようにして、そうして、上から、パチンと音が2度ほどします。押し込みます。

P1020853.jpg

もう一度、同様な写真を。このように差し込めば、あとは上から押し込むだけで、左右とも!!。

P1020858.jpg

あ、ラバーを忘れていた。 楊枝でまたキーを取り外して、それからまた差し込み、押さえこみ、無事復旧。

P1020861.jpg

なお、ラバーをいれわすれると、スプリングが効かなく、クリックできません!!あたりまえか。。。

これで無事、X201sのキーは復旧!!めでたし。めでたし。

おまけ;X201sのHDDをSDD(Crucial C300 64G)に取り換えてみた。これは抜群の性能。お奨めである。見違えるほどの応答スピード。快適である。
このCrucialのSSDはX201sと相性が悪く、時に立ち上がり(windows updateなどの後)時に、エラーが出る。これは恐らく、SDDが早すぎるのか、それともLenovoの
Biosが察知できないデバイスかも?いずれにしても、ESCキーなど押せば、必ず、再起動できるので、まあ、快適さ優先でこれを使っています。あと、容量が倍ほどあれば申し分ない。 

 



5月30日(日曜)

野菜栽培のメモ:

スイカ(タヒチ):受粉日:5月29日

カボチャ:宿儺かぼちゃーもうすぐ開花の模様

シチャ(レッドファイヤー)2列+ミックスサラダの種まき実施

残りのトマト、カボチャの苗を植えた。

29日午後、伏見甘とうがらしの苗、8本を定植した。

キャベツは青虫に食われ、壊滅状態。

イチゴは不作。

絹さやの茎や草などカボチャ苗の横に埋めた。

トマト小屋(雨よけ)の完成

1株のトマトが疫病で少し葉がやられている。中玉トマト

じゃがいも:男爵の収穫を開始、今年は種芋を分割せずに植えたので収量はよさそう。小さいのが旨い。

苗用の小屋を解体開始。ぼちぼちと整理していく。

茄子はもうすぐ開花しそう。今年は虫が全くと言っていいほどいない。ミツバチは見かけない。モンシロチョウが数匹程度。

ミックスサラダに青虫ごときが数匹いた。気を付けるべし

サトイモがダメ模様。



今日は雨で、明日は晴れそう。先日の大風で、小屋が一部破損していたので、復旧しました。苗はそれほどの被害は無くて安心。

宿儺かぼちゃの双葉がやっと。今のところ5割発芽。暖かくなってきたので、そのうち、随時発がしてくるでしょう。宿儺かぼちゃは栗の味がする甘みのあるデカイカボチャで、今年も収穫の時期が楽しみである。

NEC_0120.JPG

こちらは白カボチャ(雪化粧)。少し早めに種まきしたので、先日の寒さで半分ほどやられ、でも最近再生してきそうで、一安心。

NEC_0121.JPG

奥が麗夏トマト、手前がミニトマト。

NEC_0122.JPG

こちらはスイカ(大玉?)

NEC_0123.JPG

きゅうり

NEC_0118.JPG

こちらは3月初めに種まきしたキュウリ(8粒で390円ほど)

NEC_0119.JPG

右が中玉トマト、左がきゅうり

NEC_0113.JPG

ついでに、屋外のいちご、もうすでに花が咲き始めている。

NEC_0086.JPG

 



こんな感じです。

絹やさインゲン

NEC_0093.JPG

NEC_0094.JPG

NEC_0034.JPG

ほうれんそう

NEC_0098.JPG

そらまめ

NEC_0103.JPG

九条ネギ

NEC_0106.JPG

カブ

NEC_0111.JPG

白玉ねぎ

NEC_0102.JPG

サラダ用

NEC_0107.JPG

じゃがいも(男爵)

NEC_0092.JPG

サラダな

NEC_0101.JPG



今日は近所の小学校の桜がやっと咲いていた。数日雪がふるような寒い日が続いていました。今日の気温は日中で15℃を超えたのでしょう。桜が開花するのは気温が15℃をこえないとだめのようである。

さて畑の苗の様子は以下の通り。

先日の寒さで半分ほど苗がやられた。雪化粧という品種のカボチャ。

NEC_0071.JPG

きゅうり。芽が出るのももうすぐ。

NEC_0075.JPG

さつきみどり

NEC_0029.JPG

トマト(奥;麗夏トマト、手前がトマトベリー)

NEC_0080.JPG

きゅうり

NEC_0078.JPG

伏見甘とうがらし

NEC_0076.JPG



lettuce

ALE516.jpg

 

ALE535.jpg

 

 

 



簡易ビニールハウスに春夏野菜の種まきをしています。

トマト(麗夏、トマトベリー)は既に発芽して、双葉が出ている。2月24日に種をまく前に4,5日間、水に濡らした水タオルで種を包み、炬燵の下に置きっぱなしたことで、見事発芽した。

 



ジャガイモの種イモを先日、ホームセンターで男爵とメークインの種いもを購入して、風通しの良い場所で芽出しをしている。今週は地温が9℃を越えてるようだから、そろそろ種イモを植え付ける頃。数日前、3畝を立て、黒マルチを敷いて備えている。今月末までには植え付けを予定しているが、来週はどうやら、曇りもしくは雨模様である。

じゃがいもの芽が出るには約一カ月ほどかかる。また霜にやられないように出来るだけ遅く、植えつけるようにしている。昨年は2月15日に植えてたが、3月末頃かなり冷え込み、折角の新芽が霜にやられた苦い経験がある。

マルチは霜害から防ぐためでもあるが、芋が太陽光線にあたると緑色に変色して芋がたべられなくなるので、収穫までマルチはとらないようにしておく。

種イモは出来る限り、芽をだし、芽をいためないように、大きめのイモに分割して収率を上げる方が良い。むやみに分割せず、大きく植え付ける方が、大きな芋がとれる。

霜害に会うと、小芋ばかり出来て期待はずれとなるので、要注意である。でも小芋もこれはこれで、ゆでると美味いものである。

3日前に男爵を今朝3月1日、メークインをやっと植えた。黒マルチは後ほどかける予定。男爵の方は、黒マルチを先にかけていたので、植える際、マルチに穴をあけて種イモを植えた。これは誤り。マルチは後で掛ける。その方が、保温、土温を上げる効果が高い。芽が出て来ると直ぐにわかる。

この数日間の土砂降りでかなり土が湿っておりじゃがいもにはよくない。早く乾燥して欲しいものである。

日中、簡易ビニール小屋に居たが、30℃近く室温があがって、真夏のようだった。

 



2004年12月発売のthinkpad x31(2G,1.7Ghz,160GHDD,wireless 2200BG)に話題のWindows 7をインストールしてみた。ソフトやDriverを投入しほぼ満足いく程度に動作出来るようになったので参考までに報告しておきます。

HDDの容量が160G(サムスン HM160HC )が入手した機会にFormatをかけてWindows 7をクリーンインストしてみた。

Wireless 2200BG用のDriver(ICS_Dx32)をIntelのサイトからDownloadして、無線LANに備えておくこと。問題なく、外付けUSBのDVDドライブで容易にインストール完了。Soundも自動でX印から再起動でOK。

Lenovoのサイトに10月付けで新しいWindows7用のドライバーが出て居たので、早速Downloadしてインストした。

省電力ドライバー1.55
省電力マネージャ3.05
システム制御ドライバー1.01

ホットキー機能2.22.00<----
ところが、ホットキーのFn-F7でモニターが切り変わらない。この時点のビデオドライバーは標準VGA(Win7)で、これが問題らしいことが判明。音量とかうまく表示OK。

Fn-F7のキーが最後までだめだった。途中、ドライバーを投入削除している途中、
カバー閉で、Window7の電源管理機能画面で休止状態とスリーブ状態が選べなく
灰色に途中からなって、以前のシステムに復元させたり、かなり悩んだ。

解決はATIのビデオドライバーで、この対応ドライバーを見つけることでまた時間が
かかった。結論として、ATI Mobility RADEON 9000(Microsoft Corporation - XDDM)を探してインストすることである。入手は困難であるので、VistaのWindowsから
すなわち、C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\atiixpag.inf_6b9eff66
の中のファイルをWindows7へコピーしてドライバーを手動で組み込むことが第一条件。

次に、先のホットキー機能2.22をアンインストール。そうして再起動してやれば、
ホットキーは画面表示はだめだがFn-F7で画面が切り替わるようになる。

次は、ホットキーで、これは古いドライバーをインストする必要がある。
V5.20.01のHotKeyドライバーを米国のLenovoサイトからX31用にDownloadしてきて
インストすればOK

尚、電源管理(カバー閉でスリーブ状態選択とか)はどうやら、Windows7用の省電力管理ドライバーを投入すれば、バッテリ表示もばっちり。

X31のWindows7で問題なく動作中のソフトは以下のもの:

X31 trackpoint driver 7bg579wj: これで違和感なく動作
gom player
itune
KWIC finder
Bind for Weblife3
edbin
winamp 5.56
Jdownloader
skype
usb camera
glary utilities (newest one)
mame files 6 for win 7
pdic personal dictionary unicode
hidemaru 7.11
virus buster 2010
office 2007
damon tool light 3.9
winrar 3.9
opera 10.1
acrobat reader 9.1

Windows 7の起動とShutdownはXPよりも早い。きびきびした動き。これはお勧め。
Vistaはドライバーなどで悩んだけど、こちらは何らトラブルなくすぐに起動。
X31のWindows7対応のビデオドライバーはおそらく対応版は出ないと思われるが、
Vistaから継承してやれば、問題なく動作しているので、5年も前のノートPCでもこれで当分、X31は十分使える。

あとは、これから投入するソフトが動作するかどうかである。中にはうまく互換モードに
してやらないと動作しないものも出て来るだろう。
CanonのプリンターもあとでWindows7に追加ドライバーがサイトに出ていたのインストした。プリンターからの印刷は標準ドライバーで動作し、インク等でのトラブル処理は追加ドライバユーティリティー機能による。

バッテリーが表示が間違っているかと思うほど、XPでは3時間ほどでしたが、Win7にして4時間ほどに延命したようである。それだけ省電力機能がうまく動作していることだと思われる。5年も昔の省電力CPUですが、これは得した気がする。
本当に、X31はトラックポイントが付いているおかげで、マウスも不要でこれに慣れると
他のPCには乗り移れない。

 

  



先月、種まきした秋冬野菜ですが、秋雨により、その後元気よく育っております。中でもダイコン(おでん用と紅芯大根)は双葉が出るのが早いし、発芽率も良い。ほうれん草も細長い双葉をつけて、生育が早い。知人からイチゴの苗をもらって来て、植えてみた。場所は玉ねぎの苗を植えようと計画しておいた黒マルチの畝。本来は高畝にしないと実が土に触れたりして、痛みやすいようで別に準備すべきだったと後悔している。あとサラダごぼうも種まきしてみたところ、これまた2、3日で発芽しており、畑が肥えているのか発育の度合いがこの畑は以前借りていた畑と違うように思う。

ホームたまねぎ

NEC_0580.JPG

紅芯大根

NEC_0582.JPG

白菜

NEC_0579.JPG

サラダごぼうの種を蒔いたところ

NEC_0543.JPG

友人から頂いたイチゴの苗を早速植えてみた。

NEC_0572.JPG

ニンジン(ベターリッチ)の種まき

NEC_0571.JPG

ほうれんそう

NEC_0567.JPG

おでんだいこん(もう直径4cmほどに)

NEC_0564.JPG

水菜の成長が早い

NEC_0560.JPG

小松菜

NEC_0558.JPG

レタス

NEC_0559.JPG

九条ねぎ(細)

NEC_0556.JPG

つるなしインゲン

NEC_0555.JPG

菜花

NEC_0549.JPG

 



今日の午後、2重に虹がかかっていた。それも半円状で鮮明な虹色でした。

NEC_0540.JPG



先日、秋冬野菜をすこし種を蒔きましたが、成長が早く、、もうこんなに双葉をつけてけおり、また次の野菜を検討していますが、冬はだいこんが美味しいので、紫色の甘い大根やおでん用のだいこんの種を蒔いてみる予定。

今年はスイカが日照時間が少なく、成果は昨年に比べてよくなかった。あと2個、大玉スイカがあと、一週間ほどで収穫できそう。これで今年は最後である。さて、お味はどうかな??

水菜、小松菜、サラダ菜、レタスなど虫に食われないように、サンサンネットをして、成長を待っています。ダイコンは双葉が大きく成長して来たので、間引きをしてやりました。

ブロッコリーは水遣りを怠り、さほど成長がよくない。いつものように、茎ブロッコリーと普通のブロッコリーですが、今の時期が種まきするのが良いのかも?すこし速すぎた気がする。

葱ですが、京都の九条葱の種を蒔いてみました。今回は細葱を選んでみました。水を欠かさずやったことで、やっと成長してきました。太葱はすぐに病気になり、黄色い斑点が付きこのあたりでは栽培は難しそう。

インゲンの生長が早い。つるなしインゲンは栽培は簡単で虫に食われないようにだけ、注意をすれば、さほど、手間かからずに大きな実が収穫出来る。

あと、ニンジンですが、今回はベターリッチの種を蒔きました。普通ニンジンの種はすごく小さく、消毒のみで、とても蒔きにくい種ですが、この種は表面がコーティングされており、まきやすくしてあり、一センチの間隔で注意深く種が重ならないように蒔いてやりました。ニンジンの栽培のポイントは間引きをしてやることで、是を怠りなくやれば、ニンジンは大きなものが収穫できる。それと、種まきする前、スコップで出来る限り、深く柔らかく耕しておくことです。

最後に、ダイコン。おでんダイコンの種を蒔いた。ダイコンの種が発芽するのは、4,5日で、今回種まきした秋冬野菜で一番早く、発芽して、成長が一番早い。こちらも、種まきする前に、スコップで深く、穴を開けてこてを回すようにして耕してやりました。

こでんダイコン

NEC_0525.JPG

小松菜、レタス、京菜

NEC_0523.JPG

小松菜

NEC_0521.JPG

京菜

NEC_0520.JPG

今年は黒豆の成長が遅い。

NEC_0518.JPG

つるなしインゲン

NEC_0516.JPG

九条葱

NEC_0514.JPG

NEC_0511.JPG

ニンジン

NEC_0524.JPG

ブロッコリー

NEC_0527.JPG



今朝、ご老人の方に長寿の秘訣を伺った。

食事には、必ず、牛乳+ココア+ハチミツ入りを飲む。ニンニクをかじる。魚はアジやイワシの刺身で、肉類はしゃぶしゃぶで、ご飯は黒ゴマをふりかけて食べる。野菜はそれほど取らない。不足分はサプリメントで補う。

やはり、ココアと黒ゴマが体によさそうである。

 



スイカは大玉の黒スイカ「タヒチ」ともう一つ大玉品種、それと小玉「紅小玉、マダボール」と種から栽培してみましたが、今年の初夏時の日照不足で不作でした。みずみずしいスイカでしたが、甘さがもうひとつ。これに懲りずに来年また種から栽培してみます。

NEC_0497.JPG

紅小玉

NEC_0466.JPG

こちらがラグビーボール状のマダボール

NEC_0459.JPG



茄子は千両2号を中心にかなりの苗を植えたおかげで、飽きるほど食することが出来ました。

今年の気象条件が茄子栽培にマッチしたためか、大収穫でした。

NEC_0504.JPGNEC_0462.JPG




| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2018 山と花, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。